スタッフブログ

家族の想いを塗っている Vol.3

若葉区のT様邸の工事はお天気にも恵まれて、予定通り進んでおります。
工程で木工事を5日間取っておりましたが、最終日は5人態勢で入り、軒天の大補修も完了いたしました。
で、木製の雨戸の滑りが悪くなってるということで、一筋を交換することになっておりました。
一筋(ひとすじ)と読むそうですが、これも『不思議な建築用語』のカテゴリの方で書きたくなりますな。(ネットで検索しようとすると、木製レールとかで出てきました。)

長年働いてきた一筋さん、毎日雨戸を行ったり来たりしたせいで、削れてしまってたそうです。
痩せてしまってたせいで、開け閉めすると雨戸が外れてしまってたそうです。

新しい一筋に交換しました。

これ現場で作ってたので、また写真撮っちゃったりして。
貼りついて作業を見てたら、職人の森山さんが教えてくれました。
「レールは一筋って言うんだけど、雨戸の鍵のことは猿鍵って言うんだよ。」
「猿?お猿さんの猿ですか?」
「そう。お猿さんの猿。」
下に下げて閉まる鍵を下げ猿、上は上げ猿と言うらしいし、猿に横から刺す方の細工を猫と言うとか。
私の実家の雨戸も、アルミ製に変えるまでは木製で、子供の頃は雨戸を閉めるのが日々のお手伝いの日課だったなあと思い出しました。
防犯上ではレベル高い鍵なんだそうです。
今は便利になったとはいえ、昔の建築ってすごかったんだなあと思います。

すごいと言えば、雨樋も。

T様邸、雨樋を交換するので、足場設置後最初に旧雨樋を撤去してるのですが、高圧洗浄で屋根洗ってたら、下から見たらこの勢いで水が流れてきておりました。
雨樋がついていればこんなことにはなりません。
雨樋を考えついた昔の大工さんは偉大だと思ってしまいました。(建築家かもしれないけど、そこはスルー。)

木工事を完了して、シーリング工事と外壁の下地補修工事(Vカットシール)を2日間やって、いよいよ塗装工事となっております。

T様邸の工事で、動画を撮っていたら、恥ずかしがりやな胡口さんと河野さんは逃げ回っておりました。(笑)
その胡口さん、私のメット姿を見て、
「並木さん、異常にメットが似合うね。」
と、ゲラゲラ。
それ、喜んでいいんでしょうか。

プラグインで機能拡張してみた件

防備録的に『パソコン日記』と名付けてネットの情報や、このサイトについてなどを書いてみようと思います。

このサイトはWordpressを使っておりまして、ベースはプロタイムズ本部の精鋭部隊が製作し、それを各店が日々更新していくという感じになっております。
Wordpressで言う「テーマ」です。
ひな形って感じでしょうか。
本来Wordpressは世界中で使われていて、テーマは無料、有料とわんさか配布されてるし、自由度もめちゃくちゃ高いのでございます。
カスタマイズしようと思えばいくらでもできるってことです。
それらテーマに加えて、機能拡張するための「プラグイン」もこれまたわんさか配布されております。

もともとのプロタイムズテーマだと、ブログの文字装飾はなく、大きさを変えるだけ。
それがつまらなかったので、「あ、そうだ、プラグインだ。」と思って、文字の色を変えられるプラグインを探して入れてみたので、文字の色は変えられるようになりました。
→こんな感じで。

で、私はもともと写真を多用する人なので、「画像をLightBox的にでかくできないかなあ?」と思ったりしておりました。
それでまた「あ、そっか、プラグインだ。」と思ってこれまた探したら。
ありました。

↑画像をクリックするとふわっと拡大表示されます。(大きく表示された画像は×をクリックして閉じて下さい。)

パソコン関係でお困りのことがありましたら、そちらもご相談下さい。(笑)
ただしそちらは並木限定でございます。

家族の想いを塗っている Vol.2

アース技研のホームページに書いてある一文です。

家は家族のアルバムです。
ひとりひとりの思い出の1ページが刻まれています。
壁に貼ったカレンダーの跡、床についた家具の傷、障子にあいた穴。
そんなひとつひとつも、住んでいる家族にとっては、大切な記憶です。

家への『想い』を、つなぎたい。

工事前、T様とお会いして打ち合わせなどでご家族を前にしていて、この文章を思い出してました。
アース技研で働くようになって、外壁塗装の会社があるということ、家は建てたら終わりではないんだと言うことも知り、家への想いを考えたら浮かんできた文章でした。
T様と打ち合わせして、ご兄妹の子供の頃の話しや、滑りが悪くなった雨戸をお母様が直した話し、少しづつ傷んできた家を直し誤魔化し過ごしてきた過程を聞いて、ああ、まさに家がアルバムだなあと思いました。

打ち合わせで社長は、新しく変えた方がいいところ、直した方がいいところ、少し手を入れてそのまま残した方がいいところを伝えていました。
T様ご家族と、社長の考えが合致したのがこの玄関。
アルミ製の既製品に交換しようかとも話しましたが、亡くなったお父様の思い出を残すために、壊れかかっている鍵だけ直して、塗装してそのまま残すことにしました。

和風住宅なので、木を多く使っている分、補修が必要になってきている箇所も多く、今日から木部の補修工事を5日間日程を取った工程になっています。
初日は軒天の補修と、屋根の母屋や垂木の傷んだ部分の補修。

この状態でギコギコのこぎり入れるやすさん。
腐食して傷んでる箇所を切って交換します。

のこぎりであの体勢でこの切り口。(驚)
包丁で切ったかと思いました。

パズルのようでございます。

軒天はケイカル板を垂木から垂木までの幅でカットして1枚1枚貼って行く作業。

足場の上に立った状態での作業なので、見てるだけで首が痛くなってきます。
この軒天の補修作業は3日かかる予定です。

今日はT様が職人たちにお手製ハヤシライスを作ってくれまして、ただ作業見て写真撮ってるだけの私もごちそうになってしまいました。(汗)
美味しかった~。ごちそうさまでしたー♪

明日は関東地方は雪になるかもの天気予報でございます。
現場泣かせのドカ雪だけは勘弁して欲しいです。

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織