スタッフブログ

6月の千葉公園はおすすめです

千葉市民だと近すぎてあまり行かないかもしれない千葉公園でございます。
でもなぜか私はここ、良く行きます。
なぜかって、ポケモンゲットしに行くとか。(笑)
ほんとは体育館があるからです。(バレーボーラーなんで。)

で、年間通してこの公園が一番熱いであろうのが6月でございます。
ここ2、3年くらいのことではありますが、大賀ハスの開花時期にイベントやるからなんですね。
去年が初開催だったと思いますが、梅雨のこの時期に『YohaS 夜ハス』という名前でレインフェスが開催されております。(今年はもう終了しております。)
その前後に写真の通り、公園入り口に傘が並ぶ『傘の森』となっておりまして、いわゆる『映え』状態になっております。
じゃあハスも満開なんだろう!と立ち寄ったのですが、まだ咲いてませんでした。(苦笑)
小耳にはさんだ情報だと、ハスは明け方咲くそうで、この日の翌朝にはワラワラ開花するでしょうとのこと。
でも朝早起きしてまで見に行きたいとは思わないので、スルーします。
でも驚きましたが、つい3週間くらい前にも千葉公園行ってましたが、その時ハスは葉っぱも小さくて池の水が見えるくらいスカスカ状態だったのですよ。
ヨハスあるのにこんなんで大丈夫なの?とめちゃめちゃ心配しちゃったのですが、無用でございましたね。
こんなに育っておりました。
ハスはまだ咲いてませんでしたが、紫陽花が満開だったので、オッケーオッケー。(紫陽花の写真撮ってたら、手にも足にも蚊がくっついててひとりなのに悲鳴あげそうになりましたが。)

ヨハスのイベントも傘の森も仕掛けてるのは拓匠開発でございます。
椿森コムナというおされな施設も千葉公園のすぐ横にございます。
ちなみに本社ビルの建物も、千葉公園のすぐ横にございます。
ブランディングの成功例だと思います。
拓匠開発の椿森コムナのオープン以降、千葉の建築会社が後発でカフェとかセレクトショップとかイベントスペース的な施設とかいろいろ初めてたりしてますが、どこも二番煎じな感じがしちゃっております。(と、個人的な意見。ひとり言ってことで。)
余談でした。

ちなみに千葉公園は桜の季節も熱いです。
ただ間もなく大規模な改修に入るので、市民の憩いの場としては変化するのではないかと思われ。
隣接してる競輪場はすでに閉鎖。
プールも終了とのこと。
間もなく古い体育館を壊して新しく建設されるそうです。

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織