スタッフブログ

劣化診断の報告と近隣挨拶と訪問と。

今日は10時から劣化診断の報告があったので、少し早めに出社。
着くやいなや、報告書をプリントアウトして準備してたら、「はい、出ますよ。」と社長。
同行するって聞いてません。(爆)
ノートパソコンでDVD見ることになってたので、急いで準備して出発。
今日のお客様も『ちいき新聞の外壁塗装』からのご紹介案件。
会社の社屋の外壁塗装を考えているとのことでご依頼でした。

プロタイムズでは、1回目の訪問は外装劣化診断になります。
現場調査ではなく、外装劣化診断。
建物の状態を見るってことでは、どう違うの?になりますが、『調査』ではなく『診断』です。
今回のお客様がいい例で、依頼の内容は「屋根は考えてないので外壁だけ」とのことでしたが、外装劣化診断士の社長は建物を見て、ヒアリングで台風の時に漏水があったと聞いて、屋根を見てみることにしたそうです。
『診断』だからです。
劣化診断はビデオを使って映像でお客様に状態を実際に見てもらうためにDVDにします。
今日のお客様も実際に映像で見て、
「これは屋根もやらないとだめじゃないかね?」
と言っておりました。
漏水は屋根が原因ではないか?という『診断』をお伝えした結果です。

今日は来週着工のお客様の近隣あいさつ。
ご近所の方は昼間はお留守が多いということでしたので、夕方5時から廻りました。
が、左右両隣を始め、ほとんどお留守。
施主様の生活のスタイルもそれぞれ違いますが、ご近所の様子もそれぞれ違っていて、お会いできる時間が定まらなくて難しいなあと思います。

その後昨日着工したO様邸へ。
お電話ではお話ししておりましたが、まだ一度もお会いできてなかったので、帰宅される時間をお伺いして訪問。
今日は高圧洗浄でしたので、その報告と屋根の色の確認、防犯センサーの点検をしました。
でも一番の目的はお会いすること。
奥様にもお会いできてご挨拶しまして訪問完了。
社長に打ち合わせの内容伝えて、職人にO様からのご希望を再度伝えて確認して、今日の任務は全て完了でございます。

↑完工までよろしくね、キュー、いや、ドクトル外壁さん。(爆)

↑防犯センサーも働いておりました。よしよし。

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織