スタッフブログ

今日からスタート♪

今日は令和1年11月11日でございます。
偶然ではあるのですが、1が並んでなんだかおめでたい日に工事スタートしました。
(近くのスーパーでは『ポッキーの日」となっておりまして、ポッキーの陳列がオブジェのようになっておりました。)

今日は足場架設工事。
明日は高圧洗浄となっております。

千葉は台風の影響で、10月は屋根の破損で雨漏りしてるお客様を優先したり、数10件分の修繕のための保険提出用の書類を準備したりして、とてもじゃないけど通常業務になりませんでしたが、11月に入ってやっとお待たせしてたお客様の工事の目処が立って来まして、順次工事の準備にかかってきました。
その1件目が今日から始まりましたが、今月はまだあと4~5件着工の予定です。

今日のお客様は、9月からデスクワークで営業や工事部隊のサポートしてた私が、お客様サポートに変身して、外に出るようになって担当してるお客様でございます。
先週末、着工のお知らせで、近隣挨拶に回らせて頂きまして、前後左右のお宅の方々にお会いしました。

完工まで事故なく無事に終われるように。
喜んで頂けるのが当たり前、きれいになるのも当たり前。
ここに頼んで良かった、と思って頂けるように、サポートしたいと思います。

千葉市動物公園のハシビロコウ


千葉市動物公園は千葉市民なら一度は行ったことがあるのではないか?と思ってますが、いかがでしょう。
私も子供たちが小さい頃は近いし、安いしってこともあって結構行った記憶がありますが、遊園地の方に興味が向いてしまうようになってからは近寄りませんでした。(爆)
遊園地はドラマの『家政婦のミタ』のロケ地にも使われてましたが、何年か前に閉鎖され、シンボルだった観覧車も現在は撤去されました。

千葉市動物公園といえば、有名なのはレッサーパンダの風太ですが、私のイチオシはハシビロコウのじっと君です。
動かない鳥と言われますが、じっと君は結構動きます。
カメラ向けると冒頭の写真の通りカメラ目線くれるし、羽を広げてバタバタやったりします。
でもやっぱり他の動物と比べたら、動きは少ないので、時間を忘れてしまうほど眺めていられるかも。

私が行った時は2匹いましたが、ホームページを確認してみたら、それぞれの名前は記載がありませんでした。
でも動物公園のお部屋(?)には名札がついていて、「じっと」と「しずか」の2匹がいました。
この名前の付け方が「いいね!」ですね。
確かにじっとしてて静かです。(笑)

ホームページでハシビロコウで検索したら、マメ知識的なページがあったのですが、ハシビロコウはひとりが好きで、同じ部屋に入れると、離れて距離を保って過ごすそうです。
確かに2匹はさほど大きくない部屋に別々に入れられていましたが、これ読んでなるほど!でした。

売店ではレアなハシビロコウグッズが売っています。
小さな売店で結構なスペースを使ってハシビロコウグッズが売ってたので、人気なんだなというのがわかります。
通常ほとんど見つけられないハシビロコウグッズがワラワラ売ってるので、ついムダ使いしてしまいました。(笑)

千葉市動物公園データ
住所:千葉市若葉区源町280
開園時間:午前9時30分から午後4時30分まで
休園日:水曜日
千葉市動物公園公式ホームページ

破風と鼻隠し

建築用語に疑問を持つことももうあまりなくなってきてしまいましたが、新しいスタッフのプロタイムズ千葉若葉店の『チームすまいるさん』に教えてると「ですよね、ですよね。」となることもあり。
私も最初はこうだったなあと新鮮な気持ちになりつつ、そういうもんだ!ではなく、不思議に思ってきたことを、いい機会だから調べてみることにしました。

ずーっと「なんで?」と思ってたのが『破風(はふ)』と『鼻隠し(はなかくし)』でございます。
なんでこっちが破風でこっとは鼻隠しなのさ、つながってるじゃん!と思ってたのですよ、この2つ。
で、調べてみたらこうでした。

雨どいがついてる方が鼻隠しで、ついてないほうが破風。(なので、切妻屋根は雨どいがつくところとつかないところがあるので、破風と鼻隠しがあるけど、寄棟屋根は雨どいがつかないところがないので、鼻隠しだけになるそうです。)
どっちでもいいじゃん?と思うし、なんでこんなネーミング?と思いますが、破風は風を破る、打ち負かす、という意味で、縁の下の力持ち的役割があるそうで。
雨や風が屋根の中へ吹き込むことを防ぎ、火を屋根裏に回ることを防ぐ防火の役割もあるのだそうです。

鼻隠しのほうは、屋根の垂木を隠す(垂木の先端は鼻先と呼ばれるので、それを隠すから鼻隠しになったそうで)ってことで、このネーミング。
ただ屋根の先についてるので、破風よりも劣化が進むことになります。
雨どいをつける下地の役割もあるので、破風よりも働き者ってことになりますでしょうか。
名前的には破風の方が強そうですけどね。(笑)

垂木が出てきましたけど、屋根周辺の建築用語もへんてこりんなのが多いです。
広小舞(ひろこまい)、ケラバ、母屋(もや)などなど。
材木でいいじゃん、と、ざっくりな私は言いたくなりますけど、今回の破風と鼻隠し同様、それぞれに名前があるってことは、それぞれに役割があるってことみたいなので、そういうもんなんだ!で済ませないで調べてみようと思います。

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織